banner

失敗について

ホームページ制作でのありがちな失敗について

失敗についてホームページ制作にあたっては、それなりの理念や目標とするものなどが必要であると言われています。出始めの初期の頃は、かなり手痛い失敗をした企業も少なからずいたのではないかと想定されます。では、どの様なページを作成すれば良かったのでしょうか。ホームページといった言葉が出始め、我が社もと意気込んでみて、業者に依頼したものの、高額で驚いたといった話は良く聞きました。では、こういったページ等の制作を依頼する上で、失敗しない方法等あるのでしょうか。

まず、ありがちな失敗というのが、流行りだから取りあえず乗ってみるといった志向で、かなり高額ながら投資を思い切って行って失敗したという事例です。ホームページ制作にあたって、こういた事業所はかなりの数に登りました。このケースは、制作業者もただ制作すれば良いといった短絡的な技術屋だったといえます。技術屋に対しては、指示だけをしなければなりません。

しかし、依頼する側も、実は、自身の会社の理念や、ホームページ制作した後に、そのページに何を期待したいのか、そして、その期待を満たすためには、どの様な文言を盛り込むべきか、更には、どの様な構成でページを作成していくかといった当然行わなければならない哲学的かつ論理学的な見地から導き出した結論といったものを持ち合わせていなかった場合が多かったのです。

そのため、出来上がったホームページは、見てくれは確かに立派で素晴らしいものですが、実際の所、運用してみた所、何か月経っても注文一つ来ないといった状況が生まれるのです。とにかく注文が欲しいのに、企業情報の部分にしか電話番号が掲載されていないとか、発注のための注文書等も無かったり等といった、理念も何もないホームページが多かったと想定されます。

しかし、現在では、このホームページ制作も各制作会社ともに色々と考え、逆に顧客提案しているといった感じです。これはホームページ制作会社間の競合が激化の一途を辿ったため、制作会社の生き残りをかけた差別化戦略と言えます。そのためか、現在では、良くありがちな何も分かっていないといったホームページを拝見する機会は、格段に減ったと言っても良いでしょう。ホームページ制作は最終的にはプロに委託するに越したこともありませんが、現在では一頃とは違い、安価になってきていますし、なによりも提案をしてくれるといったことがあるので、依頼する側からすれば上々と言えるでしょう。

Copyright(c) 2016ホームページを制作するにあたってAll Rights Reserved.